• このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉エリアのシェアハウスの特徴と魅力

時代とともに生活が変化するのは自然な流れでしょう。共同生活と言えば古くは下宿や寮が代表格でしたが、時代が進むに連れてアパートやマンションの1室を複数人で借りてルームシェアする人が多くなり、最近は一人ひとりが部屋を借りながら、共有スペースをほかの人とシェアするスタイルが増えています。 このようなスタイルはシェアハウスと呼ばれ、千葉の周辺エリアでも人気があります。東京都の隣に位置しているため都内へのアクセスが便利なこと、成田には空港があるために海外へも行きやすい立地であること、商業施設やレジャー施設も充実してことなどの理由から、仕事も遊びも日常も充実した生活を送ることが人気の秘密でしょう。では、そこで生活することにはどんな魅力があるのでしょうか。

千葉の周辺エリアのシェアハウスの魅力

同じ学校の学生が共同生活する学生寮や同じ会社の社員が住む社宅の場合は、同じグループに所属する人たちが集まっています。それだけにオフィシャルとプライベートの境界が曖昧で、ストレスを感じる人もいるのではないでしょうか。 寮や社宅と同じように1つの建物をみんなで利用するという点では同じですが、学生も社会人も、女性も男性も、あるいは国籍が違う人たちが生活しているという点で異なります。自分の部屋でプライベートを楽しみ、部屋から出て共有スペースとなるキッチンやラウンジに足を運べば様々な人たちと交流することができます。 時には新しい発見があったり自分を見つめ直す機会にもなります。もしかしたら人生の師匠を見つけたり、一生をともにする伴侶に巡り合うことがあるかもしれません。

進化する千葉の周辺エリアのシェアハウス

共同生活の進化は新しいステージを迎えています。それがソーシャルアパートメントです。従来はシェアするといっても人数はそれほど多くはありませんでした。しかし、今は50人以上あるいは100人以上の人がシェア生活をおくるソーシャルアパートメントが登場しました。その名の通り人と人との繋がりをコンセプトにしたアパートメントです。 人が多くなればそれだけ交流の幅も拡がります。個室はマンションやホテルの一室という趣で、しっかりとプライベートを守り、共有スペースとしては広いラウンジやキッチンに加えワーキングスペースやダーツ・卓球などで遊べるスペースを設けているところもあります。運営会社によるイベントの開催なども行われ、交流の場が積極的に設けられているのも特徴です。エリアによって家賃の相場は変わりますが、交流の幅を拡げるためにもソーシャルアパートメントを探してみてはいかがでしょうか。